換金率で比較するときは

MENU

換金率は誰もが気にする最重要比較ポイントだが

気になる換金率で比較したけども

換金率が高ければ手元に残る現金化多くなり、クレジット決済で負担する額も減るのでより高い業者で現金化したいですよね?

 

ネットで検索すればどこもお得に現金化できると高い換金率を記載して利用者にアピールしていますが真に受けてその数字で比較しようとしているなら今すぐその比較方法はやめたほうが良いでしょう。

 

この比較方法は実は換金率の高い業者を探しているようで全く逆の換金率が低い業者を探していることになっているかもしれません。

 

実はネットで見る換金率は広告を兼ねて利用者を呼び込むための広告であることが非常に多いのです。

 

実際は現金化の相場というものがあり優良店と言われている業者でもそれは変わりません。

 

優良店と言われている和光クレジットの換金率も相場の範囲内ですから高すぎる換金率には注意が必要です。

 

逆に相場よりもかけ離れて低い悪質業者もあります。

 

換金率で比較するときの見極めは重要になりますのでまずは相場を理解して業者選びを始めても遅くはありません。


現金化業者の換金率相場から比較基準を知る

まずどのくらいが高い換金率なのか知っておきましょう。

 

現金化業者が表示している換金率の多くが90%以上となっていますがこれは200万円以上の現金化をすれば応じてくれますが最も多い30万円までの利用だと不可能な換金率になります。

 

現金化業者も一応運営のために人件費や広告費など経費がかかっていますから90%以上すると赤字になってしまします。

 

最も多い利用金額での換金率は80%前後で相場が決まっていますのであまり高すぎる換金率は悪質業者や詐欺業者を疑ったほうが良いかもしれません。

 

口コミサイトなどでは具体的な数値が投稿されている内容もありますので参考にするのもよいでしょう。

 

和光クレジットの換金率はキャンペーンなどを使うことによって相場よりも良い条件で現金化できると評判です。